観光スポット

特集記事一覧

札幌の冬(11月~3月)

札幌の冬(11月~3月)

寒さが少しずつ厳しくなり、初雪も観測される11月。12月下旬からは積雪量が増え始め、3月までは真っ白な雪に覆われた札幌観光を楽しむことができます。スキー、スノーボード、スノーシューなどの冬アクティビティが盛んになるほか、寒さがピークとなる1月~2月は「さっぽろ雪まつり」を代表とする雪のイベントが各地で開催されます。お楽しみがいっぱいの冬の札幌。旅行の前に備えておきたいポイントを紹介します。

北海道の大地の実り、旬の食材を味わい、本州よりひと足先に色づく紅葉を楽しむ。|9月・10月・11月

北海道の大地の実り、旬の食材を味わい、本州よりひと足先に色づく紅葉を楽しむ。|9月・10月・11月

9月に入ると札幌は秋に突入。9月半ばには大通公園に北海道各地の旬の味覚が集まる「さっぽろオータムフェスト」が始まり、山や街路樹の木々が紅葉の季節を迎えます。紅葉の終わりとともに木々の葉が落ち、白い綿毛をまとった雪虫が飛びはじめたら初雪が近い合図。市街地から見える手稲山頂が雪で白く色づくと、市民たちは冬の訪れを実感します。日に日に寒さが増しますが、北海道の食材が豊かに揃う「おいしい」季節。近郊の温泉に出かけて露天風呂や食事を楽しんだり、旬の食材が味わえる人気のレストランまで足を延ばしたりしてはいかがでしょう。

札幌の夏(6月・7月・8月)

札幌の夏(6月・7月・8月)

6月から8月にかけて、札幌では短い夏を楽しむイベントが目白押しです。初夏の訪れを知らせる6月の「北海道神宮例祭」や「YOSAKOIソーラン祭り」をはじめ、7月の「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)」や「SAPPORO CITY JAZZ」といった音楽イベント、大通の夏の風物詩とも言えるビアガーデンなど、季節を謳歌する市民たちで大いに賑わいます。本州のようにジメジメとした梅雨がなく、夏でもさわやかな気候が札幌の魅力。昼間は半袖でも暑く感じることがある一方、夜風が肌寒い場合もあるので、薄手の長袖も用意しておきましょう。

札幌の春(3月4月5月)

札幌の春(3月4月5月)

本州はすっかり春を迎える3月~5月ですが、北海道はまだまだ冬の名残りを感じさせる季節。陽射しが強まり雪解けが進みますが、木々の芽吹きはゆっくり訪れます。日本列島を縦断する桜前線が札幌にやってくるのは例年GW前後。桜の開花を皮切りに、街路樹が一斉に芽吹く若葉の美しい季節が始まります。雪がなくなったとはいえ風が冷たい季節なので、寒さが苦手な人は薄手のコートやストールを用意しておくと便利です。

500円から楽しめる♪ 秋の札幌おすすめデートコース

500円から楽しめる♪ 秋の札幌おすすめデートコース

「札幌で一日デートしたい。予算は抑えて色々楽しみたい…」。そんな欲ばりな願いを叶えるプランをご用意しました。予算500円、1,000円、3,000円で札幌の定番観光スポットや話題のエリア、穴場までご紹介!
 
 
また、札幌観光・グルメをお得に楽しめるアプリ「さっぽろグルメクーポン」もあるので、ぜひ利用してみて。

札幌・夜景観光おすすめコース!

札幌・夜景観光おすすめコース!

札幌は、長崎・北九州と並び2015年に「日本新三大夜景都市」に選ばれています。山上や高層ビルの展望台から望む、ライトアップされた札幌の街夜景は、地元民も自信を持っておすすめする札幌最大の観光コンテンツ。ここでは、この美しい札幌の夜景をたっぷりと楽しめるおすすめコースを紹介します。あなたは誰と、夜景を堪能しますか?

日帰りで行く定山渓ドライブ

日帰りで行く定山渓ドライブ

市街地から車でおよそ1時間。札幌市民にとっておなじみの定山渓温泉は、思い立ったら出かけられる近さが魅力の温泉地です。でも、温泉以外にも目指して出かけたい”お楽しみ”があるってご存じですか? 今回は「温泉だけじゃない定山渓」をテーマに、国道230号線を車で走るだけでは気がつかない、脇道や森に隠れたお楽しみスポットをご紹介します。とはいえ、遊んだ帰りに突然温まりたくなることもあります。でも大丈夫。定山渓温泉には、日帰り入浴施設が約20軒そろっているので、念のためかばんにタオルをしのばせておいてくださいね。

札幌で温泉&銭湯を満喫する

札幌で温泉&銭湯を満喫する

入浴は、日本の生活に欠かせない習慣のひとつ。自宅はもちろん、北海道には温泉地も多いため、北海道民は銭湯や日帰り温泉の入浴も気軽に利用します。道都・札幌にも体を温めてリラックスできる入浴施設が充実しているほか、ちょっと足を延ばせば、郊外にも温泉郷があります。日帰り入浴、銭湯は旅行者の利用もOK! 旅の疲れを癒やしてくれる、札幌の入浴施設を紹介します。

札幌の二条市場と場外市場

札幌の二条市場と場外市場

北海道と言えば、美味しい海鮮!北海道各地の美味しいものが集まる札幌の食文化を支えているとも言える北海道最大の市場である札幌市中央卸売市場。隣には一般客が食事や買い物を楽しめる「札幌市中央卸売市場 場外市場」があり、北海道各地から集まる水産物・青果物目当てに、観光客と札幌市民で賑わいます。札幌市内中心部にある「二条市場」も、明治初期から続く市場として有名。北海道の旬の味覚を手軽に味わうなら、ぜひ市場へ。朝仕入れたばかりの新鮮な魚介をたっぷり使用した海鮮丼や寿司を味わう、水槽の活ガニをさっと湯がいていただく…市場ならではのおいしさをどうぞご堪能あれ。