フッズスノーエリア

日本で2つしか無いリュージュ競技場。体感スピード時速90キロの世界を体験

約33万平米の広大な敷地を持つ「藤野野外スポーツ交流施設 フッズ」。体験型の通年施設で、冬には全6コースのスキー場「フッズスノーエリア」となります。ファミリーコースやモーグル専用バーンなどがあり、初心者から上級者まで楽しめる最長1.8キロメートル・最大斜度38度のスキー場です。注目は1972(昭和47)年に開催された、札幌オリンピックの練習コースとして設置されたリュージュ競技場。国内では長野県と、このフッズにしか無いリュージュ競技の練習コースだ。誰でも参加可能なリュージュ体験教室は1月、2月に開催、時速は25キロ~30キロですが、体感速度は2倍にも3倍にも感じられます(有料)。

冬の札幌観光でしたいこと総まとめ|特集
札幌オリンピック冬季大会(1972年)|コラム
札幌市内のスキー場は、観光でいらしている方も手軽に日帰りで楽しめます。|特集

フッズスノーエリア

住所
札幌市南区藤野473-1
営業時間
例年12月上旬~翌年3月末(2019年は12月上旬オープン予定)
9時~21時
※上記は2019年11月25日時点の情報、詳しくは公式サイトを要参照
定休日
期間中無休
料金
1日券(16時まで)/大人3,000円、小・中学生2,400円、60歳以上2,700円
※上記ほか、ナイター券やシーズン券などもあり

※料金は変更となる場合があります、詳しくは公式サイトを要参照
駐車場
無料
電話
011-591-8111
公式サイト
https://www.fujino-yagai-sports.jp/winter
備考
※天候や降雪量によってスキー場がクローズしたり営業時間が変更になる場合があります。詳細はスキー場へ直接ご確認ください。
交通
・札幌市中心部から、車で約30分
・地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)」から、じょうてつバス(8)で「藤野3条11丁目」下車、徒歩15分

・地下鉄南北線「真駒内」から、じょうてつバス(12)で「藤野3条11丁目」下車、徒歩15分
Google Map

ピックアップ

札幌の冬(11月~3月)

札幌の冬(11月~3月)

寒さが少しずつ厳しくなり、初雪も観測される11月。12月下旬からは積雪量が増え始め、3月までは真っ白な雪に覆われた札幌観光を楽しむことができます。スキー、スノーボード、スノーシューなどの冬アクティビティが盛んになるほか、寒さがピークとなる1月~2月は「さっぽろ雪まつり」を代表とする雪のイベントが各地で開催されます。お楽しみがいっぱいの冬の札幌。旅行の前に備えておきたいポイントを紹介します。

札幌で温泉&銭湯を満喫する

札幌で温泉&銭湯を満喫する

入浴は、日本の生活に欠かせない習慣のひとつ。自宅はもちろん、北海道には温泉地も多いため、北海道民は銭湯や日帰り温泉の入浴も気軽に利用します。道都・札幌にも体を温めてリラックスできる入浴施設が充実しているほか、ちょっと足を延ばせば、郊外にも温泉郷があります。日帰り入浴、銭湯は旅行者の利用もOK! 旅の疲れを癒やしてくれる、札幌の入浴施設を紹介します。