大倉山展望台

大倉山展望台

標高307mから眺める大パノラマと、ジャンプスタート地点の急勾配を体感

大倉財閥二代目総帥、ホテルオークラ創業者でもある大倉喜七郎男爵が札幌市に寄贈したことから、1932年の開場時に「大倉シャンツェ」と命名されたジャンプ競技場。1972年の冬季オリンピックに向けた大改修の際に「大倉山ジャンプ競技場」と名称が改められた。標高307mにあるスタート地点からは、札幌市街や石狩平野の大パノラマと、右手後方にある70m級ジャンプが開催される「宮の森ジャンプ競技場」を一望。冬は辺り一面が雪で覆われた“真っ白”な景色を楽しめ、競技がない日にはスタート地点裏にある「展望ラウンジ」からジャンパーの目線を疑似体験できる。夏も水をまきながらジャンプ可能な全天候型競技場なので、ジャンパーの練習に遭遇することもある。

夏のジャンプ台

夏のジャンプ台

「展望ラウンジ」があるジャンプ競技のスタート地点まで2人乗りリフトで上れる。

冬のジャンプ台

冬のジャンプ台

冬でも競技がない日は見学可能。リフトで展望台に上がる場合はマフラー、手袋、耳あてなどを用意して。

大倉山展望台

住所
札幌市中央区宮の森1274
営業時間
4月29日~10月31日/11時~18時
11月1日~3月31日/11時~17時
4月1日~4月28日/9時~17時
定休日
2020年4月6日~4月20日
※この他、ジャンプ大会・公式練習開催時などは利用不可
※悪天候によりリフトが運休をなる場合があります
料金
リフト料金
大人1000円、小学生以下500円
駐車場
無料
電話
011-641-8585(大倉山総合案内所)
公式サイト
http://okura.sapporo-dc.co.jp/jump/index.html
交通
・地下鉄東西線「円山公園」から、JR北海道バス(円14)で「大倉山競技場入口」下車、徒歩10分
Google Map