札幌オリンピックミュージアム

札幌オリンピックミュージアム

札幌オリンピックの感動を再び。ウィンタースポーツの世界を体感

札幌市街地を一望する大倉山ジャンプ競技場の麓に位置するミュージアム。1972年に開催された冬季オリンピック札幌大会にまつわる貴重な資料をはじめ、歴代冬季オリンピックで活躍した選手の用具展示や各大会のメダル・写真を通して歴史を学ぶことができる。また、大画面で過去の名選手が多数登場するパノラマシアターも必見。競技に臨む選手の緊張感が伝わる。また、シミュレーターを使って、ジャンプの踏み切りやボブスレーの滑走、クロスカントリーのレースなど、アスリートになった気分が味わえる「体感・体験コーナー」は大人も楽しめる人気コーナーだ。知識と体験でウィンタースポーツへの理解が深められる。

冬の札幌観光でしたいこと総まとめ|キーワード
札幌オリンピック冬季大会(1972年)|キーワード
シミュレーター

シミュレーター

施設の魅力をもっとも強く体感できるのが、1階「体感・体験コーナー」にあるシミュレーター。スキージャンプや、猛スピードで飛んでくるパックの映像をキャッチするアイスホッケーのゴールキーパー体験、クロスカントリーレースの疑似体験など6種類のウィンタースポーツ体験が楽しめる。

ミュージアムカフェ

ミュージアムカフェ

無料スペースになっているミュージアム棟3階多目的ホールにあるカフェ。大きな窓から差し込む日差しが、解放感のある空間を作り出している。名物の「大倉山特製ソフトクリーム」をはじめ、コーヒーやアイスティ、生ビールのほか、ホットドックにフランクソーセージといった軽食も用意。

パノラマシアター

パノラマシアター

スイス・ローザンヌにあるオリンピックミュージアムでも上映しているオリジナル映像を、巨大円形シアターで上映。オリンピックの躍動感や感動を大画面で味わうことができる。約8分間の映像には夏季・冬季それぞれのオリンピックで活躍した往年の名選手たちが数多く登場する。

札幌オリンピックミュージアム

住所
札幌市中央区宮の森1274
営業時間
4月28日~11月4日/9:00〜18:00
11月5日~翌4月26日/9:30〜17:00
入館は営業終了の30分前まで
定休日
無休
料金
大人600円、中学生以下は無料
駐車場
無料
電話
011-641-8585(大倉山総合案内)
公式サイト
http://sapporo-olympicmuseum.jp/
交通
・地下鉄東西線「円山公園」から、JR北海道バス(円14)で「大倉山競技場入口」下車、徒歩10分
Google Map