中島公園

中島公園

自然が織りなす都会のオアシス・中島公園で歴史を感じる”おさんぽ旅”

※2019年8月28日更新
中心部にありながら、自然豊かな中島公園は、まさに都会のオアシス。
春には桜や藤の花、夏にはキショウブ、秋には美しい紅葉と季節ごとに楽しめるスポットで日常を忘れ、のんびり過ごしてみませんか?
また、公園内には、国指定重要文化財があるのも特徴の一つ。歴史を感じながら散策するのもおすすめです。

もくじ
  1. 豊かな自然に囲まれ、季節ごとに楽しめる中島公園
  2. 心落ち着く日本庭園には貴重な建物も
  3. 明治時代にタイムスリップ。思わず写真を撮りたくなる豊平館
  4. 風景を眺めながらホッひと息。カフェ&テイクアウトグルメ
  5. 中島公園・早わかりMAP

豊かな自然に囲まれ、季節ごとに楽しめる中島公園

春には藤の花、夏には青々とした豊かな緑、秋には紅葉と季節ごとに景観が異なり、何度でも訪れたくなります。
また、公園内には菖蒲池があり、4月下旬~10月上旬までボートに乗ることができます。水鳥や季節ごとの風景を楽しめるのが良いですね。 冬になるとクロスカントリーを体験(スキー道具の貸出無料)できるほか、雪で作られたスノーランタンが路地に並ぶ幻想的なイベント「ゆきあかり」も開催されます。

心落ち着く日本庭園には貴重な建物も

日本庭園があるのも中島公園の特徴のひとつ。流れる水の音、和の空間に癒される時間が過ごせます。 ここには、江戸時代の茶人・小堀遠州(こぼりえんしゅう)が設計した茶室「八窓庵」があります。国指定重要文化財でもある貴重な建物の外観を見学できるので、ぜひ立ち寄ってみて。

■日本庭園

見学可能時間9時~17時
閉園時期冬期間(11月上旬~4月下旬)
入園料無料

明治時代にタイムスリップ。思わず写真を撮りたくなる豊平館

中島公園の中でもひと際、目を引くのが「豊平館」は、明治政府が唯一建てたホテルであり、開拓使建築の貴重な建物。明治から大正初期にホテルとして建てられた建物は、後に公民館、結婚式場として利用されてきました。

建物の中は高級感のある絨毯、シャンデリアなど思わず写真におさめたくなる空間。

風景を眺めながらホッひと息。カフェ&テイクアウトグルメ

中島公園のすぐ近くにはテイクアウト専門のサンドイッチ工房やオーガニックコーヒーが楽しめるカフェがあります。 おいしいサンドイッチやコーヒーを景色を楽しみながら味わうのがおすすめですよ。

サンドリア

1978年にオープンしたテイクアウト専門のサンドイッチ工房。創業以来、受け継がれているレシピで仕込んだ具材たっぷりのサンドイッチにファンも多い。

Smooch Coffee Stand

中島公園のすぐ近くにあるカルフォルニアの雰囲気が漂うコーヒースタンド。ここでは、本格ハンドドリップコーヒーを味わうことができます。サンドイッチやアメリカンクッキーもあるのでコーヒーと一緒に味わうのがおすすめ。


中島公園・早わかりMAP

中島公園

住所
札幌市中央区中島公園1
料金
無料  ※テニスコートは有料
駐車場
なし
電話
011-511-3924(中島公園管理事務所)
公式サイト
http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/
備考
冬季は歩くスキーレンタルあり ※ 中島体育センター(地下鉄南北線「幌平橋」1番出口徒歩5分)にて受付
交通
・地下鉄南北線「中島公園」下車、すぐ
・地下鉄南北線「幌平橋」下車、すぐ
・市電「中島公園通」「行啓通」下車、ともに徒歩3分