豊平峡ダム

国立公園内の環境保護エリア、ダムと自然が織りなす紅葉の名勝地

札幌市南区にある、豊平川の治水や水力発電を目的として1972年に完成した高さ102.5mのアーチ式コンクリートダム。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と名付けられ、札幌ドーム約30杯分の水を貯められる。支笏洞爺国立公園内にあり、ダム入口からダムまでの約2kmの距離は、環境保護のために一般車両・バイク・自転車の乗り入れが通年禁止、徒歩か電気バスを利用する。ダム周辺は切り立った岩盤斜面に囲まれた景勝地となっており、ダムの豪快な観光放流(毎年6月1日~10月31日の9時~16時まで)と合わせて壮大な景観を形成している。札幌市内の紅葉名所として特に人気が高い。

ハイブリッド電気バス

ハイブリッド電気バス

入り口からダムまでは環境保護のために1976年から電気バスを導入。リフト付なので車椅子でもそのまま乗車可能だ。徒歩では薄暗いトンネルを歩くことになるため、電気バスを利用するのがオススメ。

レストハウス「だむみえーる」

レストハウス「だむみえーる」

レストハウスは、その名も「だむみえーる」。例年9月下旬~10月下旬まで、9時~16時までの営業。外で美しい景色を眺めながら食べるジンギスカンセットが人気だ。

豊平峡ダム

住所
札幌市南区定山渓840番地先
営業時間
5月1日〜11月3日 電気バス(有料)運行時間 8時45分〜16時
料金
無料  電気バス料金 往復/大人640円、子供320円 片道/大人360円、子供180円
駐車場
無料
電話
011-598-3452(豊平峡電気自動車)
公式サイト
http://www.houheikyou.jp/index.html