札幌ドーム

サッカーと野球2つの芝を入替える、世界初のシステムを導入したドーム

日本最北の全天候型ドーム。プロサッカー「北海道コンサドーレ札幌」とプロ野球「北海道日本ハムファイターズ」の2チームが本拠地を置くスタジアムだ。ドームの壁を開閉し、屋外のオープンアリーナから縦120m、横85m、重さ8,300tの天然芝のサッカーステージを空気圧で浮かせながら移動する、世界初のサッカー場移動方式「ホヴァリングシステム」を導入。試合やイベントの無い日にはドーム内部を見学できる「ドームツアー」を開催するほか、展望台やキッズパーク、トレーニングルームも営業している。

札幌ドームでプロ野球&Jリーグの熱気に触れよう|特集
秋の札幌観光でしたいこと総まとめ|特集
札幌ドームで野球観戦を楽しみましょう|ようこそさっぽろブログ
北海道・札幌でスポーツを観戦する AIR-G’ラジオパーソナリティー 林唯衣|インタビュー
展望台

展望台

国内のドーム施設唯一の展望台。地上53mの高さから市街地や手稲山、夕張岳を見渡すことができる。夕日も絶景。

場面転換

場面転換

野球モードの人工芝からサッカーモードの天然芝へ転換作業中の様子。運が良ければ、作業実施日に見学する事も可能。

ドームツアー

ドームツアー

試合やイベントがない日に開催している「ドームツアー」。ブルペンやベンチ、ロッカールームなど、普段は見られない裏側を見学できる。

キッズパーク

キッズパーク

グラウンドを見下ろしながら遊べる「キッズパーク」。小学4年生までの子どもが利用でき、イベントのない日は10時から17時まで無料で開放。2歳以下のお子さま向けのベビーコーナーも併設。

トレーニングルーム

トレーニングルーム

トレーニングルームは1回500円にて一般開放。プロスポーツチームも使用する「パワープレート」(別途利用料金が必要)を、2013年に北海道の公共体育施設で初めて導入。

メモリアルコーナー

メモリアルコーナー

「メモリアルコーナー」では、北海道を本拠地にしているプロのサッカーチームや野球チームにまつわる記念品や、札幌ドームでコンサートを開催したアーティストたちの直筆サイン入りグッズ等を展示。

札幌ドーム

住所
札幌市豊平区羊ケ丘1番地
営業時間
展望台 10時~17時
ドームツアー 10時~16時(1時間毎にスタート)
キッズパーク 10時~17時
トレーニングルーム 9時30分〜21時
定休日
不定休
料金
展望台入場券/大人520円、小・中学生320円
ドームツアー券/大人1,050円、4歳~中学生550円
ドームツアー・展望台共通券/大人1,250円、小・中学生700円、4歳~就学前 ドームツアー券を利用
トレーニングルーム/一般500円、高校生・65歳以上300円
駐車場
300円/2時間 ※イベント時は別途
電話
011-850-1000(代表)/011-850-1020(ドームツアー・展望台運営担当)
公式サイト
http://www.sapporo-dome.co.jp/
交通
・地下鉄東豊線「福住」下車、徒歩10分
・新千歳空港から、空港連絡バスが運行(中学生以上 1,030円、子供 520円)
※イベント開催時には、以下の駅からシャトルバスが運行(大人 210円、小学生 110円)。地下鉄南北線「真駒内」「平岸」、地下鉄東西線「南郷18丁目」、地下鉄東西線・JR線「新さっぽろ(新札幌)」、JR線「白石」
Google Map