札幌ドーム

展望台にイベント、アートまで目白押し! 満喫ガイド

羊ヶ丘に位置し、地下鉄福住駅から徒歩約10分と好アクセスの札幌ドーム。“日ハム”や“コンサ”のホームスタジアムとしても知られ、2021年にはオープン20周年を迎えます。スポーツ観戦のイメージが強い札幌ドームですが、展望台やキッズパークなど館内施設が充実していおり、実は観光スポットとしてもおすすめなんです! 館内の注目スポットやイベントなど、その楽しみ方をたっぷり紹介してます。

札幌ドームでプロ野球&Jリーグの熱気に触れよう|特集
北海道・札幌でスポーツを観戦する AIR-G’ラジオパーソナリティー 林唯衣|インタビュー
もくじ
  1. 札幌ドームは日本を代表するスタジアム
  2. 国内唯一!? 展望台があったんだ
  3. 天気の良い日は外でアート探し
  4. 平日が穴場! レストランで限定グルメを
  5. フカ掘りしてこそ、本当の魅力が分かる


札幌ドームは日本を代表するスタジアム

札幌ドーム1

2001年にオープンした札幌ドームは、サッカーチームと野球チーム両方の本拠地になっている世界的に見ても珍しいスタジアム。梅田スカイビルや京都駅ビルを手掛けた建築家・原広司 氏が設計。その斬新なデザインは、建築ファンをも虜にしています。

その広さ、収容面積は東京ドームにも匹敵。東京ドームの建築面積約46m²・最大収容人数5万5000人に対し、札幌ドームは建築面積約55m²・最大収容人数5万3820人でゆとりのある空間設計となっています。

また、駐車場も1400台以上を確保。大規模イベントの際は、前売制で利用することができます。しかしながら、札幌ドームがある福住エリアは閑静な住宅地。混雑を避けるためにも、地下鉄やバスなどの交通機関を利用するのがおすすめです。

札幌ドーム2

場内にはフードコートのように飲食売店が立ち並び、ファーストフードやスイーツなどが楽しめます。また、子どもと遊べるキッズパーク(新型コロナウィルス感染対策の為、現在は休業中)やキッズパークに併設されたテーブル付きのファミリーシートなどファミリーで楽しめる設備も充実。イベントが開催されていない時はドリンクやお弁当の持ち込み可能なので、小さな子ども連れママたちの憩いの場にもなっています。

ちなみに、車いすに乗ったままドッキングして観戦可能な「車いす席」や専用駐車場、音声誘導装置などの配慮があるのも心強いポイントです。

国内唯一のドーム展望台! 札幌に広がる景色を眺めて

札幌ドーム3

展望台のあるスタジアムは、国内では札幌ドームだけ。屋根から飛び出すように設計された展望台には、地上約53メートルの高さからの大パノラマが広がります。入場には、展望台入場チケットまたは“ドームツアー/展望台共通券”の購入が必要です。

札幌ドーム4

煌びやかなシティービューとは異なり、穏やかな気持ちにさせてくれる豊かな景色。天気の良い日には、手稲山や夕張岳などの自然を見渡すことができ、北海道らしい景色が同時に見られるのも魅力です。

札幌ドーム5

時間帯によって表情が変わるのも展望台の魅力のひとつ。赤々とした夕暮れを独り占めできる夕方、空中エスカレーターが幻想的にライトアップされる夕方は、カップルデートに人気の時間帯です。


この他、天井裏に渡された作業用通路「キャットウォーク」や、より遠くを見られるテレビ望遠鏡など、見どころたくさんあるので、こちらもおすすめです。

天気の良い日は、外でアート探し

札幌ドーム6

屋外には札幌ドームを囲むように、素敵なオブジェなどが点在しています。これらは「アートグローブ」と名付けられ、いずれも国内外のアーティストによるもの。24点ある作品は、アーティストそれぞれの感性や個性が表現されており、独創的な作品がもの思いに耽らせてくれます。

入場料は不要なので、晴れた日にはピクニック気分でアートに触れるドーム周辺散策を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

札幌ドーム7

すべて見て回るには、夏場でおおよそ1時間~1時間30分ほど。広域かつ夏は気温が高くなることもあるので、散策する際は水筒を持参するのが良いかもしれません。イベント開催時や冬場は立ち入り禁止エリアがあるほか、スポーツの試合やコンサートの開催時に場外へ出ると再入場ができません。イベント参加時に見て回る場合は、時間に余裕を持って入場前に訪れてくださいね。

平日が穴場! レストランで限定グルメを食す

札幌ドーム7

館内にあるレストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」は、試合やイベントがない時でも通年営業。11時~14時30分のランチタイム営業をしており、平日であれば比較的混雑がなく、ゆっくりと食事を楽しむことができます。

店内には札幌市の歴史が分かるパネル展示をはじめ、「北海道日本ハムファイターズ」や「北海道コンサドーレ札幌」の選手ゆかりの品が飾られています。人混みを気にせずゆったりと鑑賞できるので、ファンの方にはたまりません。

札幌ドーム8
北海道コンサドーレ札幌コラボメニュー『コンサドーレ ジンギスカン丼』

ポークカツカレーやステーキガーリックピラフといった目を惹くメニューばかりですが、ここで押さえておきたいのはコラボメニュー! 中でも写真の「コンサドーレ ジンギスカン丼」は特に人気。キャプテン・宮澤選手も太鼓判を押すメニューで、北海道のソウルフードを丼で豪快に食べられますよ。

魅力をさらにフカ掘り! 気になるイベント・施設

札幌ドーム9

スポーツファンならずともお勧めしたいのが、ドームツアー。こちらはイベントがない日に開催され、ツアーアテンダントがロッカールームやプルペンなど普段は立ち入ることができない場所を案内してくれます。まさに、札幌ドームの裏側に迫れる魅力溢れるツアー。参加するには有料のドームツアー券を購入する必要があり、団体参加の場合は事前に予約が必要となるのでご注意を。

札幌ドーム10

札幌ドームが開業20周年を迎える2021年には、ドームツアーが20周年特別仕様になっています。通常のツアーには含まれていない貴賓室・スイートシートを見学することができ、初ゴールや初ホームランボールなどの特別展示も。
※開業20周年特別ツアー・展示は2021年12月まで

札幌ドーム11
札幌ドーム12

イベントの記念品や日本ハムファイターズ・北海道コンサドーレ札幌のチームフラッグ、コンサートを開催したアーティストの手形など、これまでの歴史が詰まった場所です。
また、毎年選出される「札幌ドームMVP賞(サッカー部門・野球部門)」の記念プレートは、西ゲート前の連絡通路壁面に掲示されているので、こちらも要チェック!

札幌ドーム13

札幌ドームの中も外も満喫したら、ぜひショップにも立ち寄ってみましょう。“日ハム”や“コンサ”グッズのほか、ドームオリジナルグッズといったここでしか手に入らないアイテムが揃っていますよ。そして意外と知られていないのが、館内のトレーニングルーム。トレーナーが常駐していおり、スポーツジムのように利用することができます。お近くにお住まいの方は便利なのでぜひ利用してみてください。

フードコートに展望台、アートグローブ、ドームツアーなど見所いっぱいの札幌ドーム。スポーツ観戦やコンサート利用だけでなく、観光スポットとして札幌旅行の予定に加えてみるのはいかがでしょう。

札幌ドーム

住所
札幌市豊平区羊ケ丘1番地
営業時間
展望台 10時~17時
ドームツアー 10時~16時(1時間毎にスタート)
キッズパーク 10時~17時(新型コロナウィルス感染対策の為、現在は休業中)
トレーニングルーム 9時30分〜21時
定休日
不定休
料金
展望台入場券/大人520円、小・中学生320円
ドームツアー券/大人1,050円、4歳~中学生550円
ドームツアー・展望台共通券/大人1,250円、小・中学生700円、4歳~就学前 ドームツアー券を利用
トレーニングルーム/一般500円、高校生・65歳以上300円
駐車場
300円/2時間 ※イベント時は別途
電話
011-850-1000(代表)/011-850-1020(ドームツアー・展望台運営担当)
公式サイト
https://www.sapporo-dome.co.jp/
備考
札幌ドームでの感染対策はこちらをご確認ください。
https://www.sapporo-dome.co.jp/news/dm_corona.html
交通
・地下鉄東豊線「福住」下車、徒歩10分
・新千歳空港から、空港連絡バスが運行(中学生以上 1,030円、子供 520円)
※イベント開催時には、以下の駅からシャトルバスが運行(大人 210円、小学生 110円)。地下鉄南北線「真駒内」「平岸」、地下鉄東西線「南郷18丁目」、JR線「白石」
Google Map