ばんけい峠のワイナリー

ワイン文化を育てる小さなワイナリー、酵母だけで醸造する無添加ワインを

札幌中心部から車で約20分、自然豊かな盤渓峠の中腹に「ばんけい峠のワイナリー」はある。「樽人」を名乗る醸造家の田村修二さんが、地域にワイン文化を育てたいと2001(平成13)年に開設。同年6月の初仕込みから厳選した道産ぶどうを使い、ワイン・シードル・果実酒を醸造している。敷地の隣に広がるぶどう畑では、ハンガリー原産のザラジェンジェなどの品種を栽培、2013年には自家畑で取れたぶどうから札幌産の「峠の山ソービニオン」が誕生。収穫祭やワイン用ぶどうの栽培講習会、ワイン文化講座なども開催。ワイン愛好家や生産者の交流の場ともなっている。

ぶどうの産地北海道で、地元のワインを味わおう|特集
ワイン

ワイン

酵母だけで醸造し、酸化防止剤は使わない。酵母の働きによって、できあがりに個性が出るのも完全手づくりの魅力。アロニア、ハスカップを使ったフルーツワインもぜひ試して。

テラスカフェ

テラスカフェ

毎月最終土・日曜のみオープン。ワインの説明を聞きながらテイスティングした後は、テラスでカフェメニューを楽しんで。そば粉にシードルを練りこんだガレットやシードルの酵母で発酵させて焼くライ麦パン、チーズ工房のチーズを使ったチーズケーキ、ワイナリー産ハチミツ等を味わえる。

茶室

茶室

ワイン文化と日本文化の交流のため、ワイナリーのお茶室で一服飲むことも可能。外国の方でも体験の場として利用できるので、日本文化を学びたい留学生はもちろん、札幌観光の際にも立ち寄ってみて欲しい。

ばんけい峠のワイナリー

住所
札幌市中央区盤渓201-4
営業時間
10時〜16時
定休日
水曜、木曜
料金
入場無料
駐車場
無料(5台)
電話
011-618-0522
公式サイト
https://sapporo-bankei-winery.jimdo.com/
交通
・地下鉄東西線「円山公園」から、ばんけいバス(円山線)で「森学舎・峠のワイナリー前」下車
、徒歩1分
・地下鉄東西線「発寒南」・地下鉄南北線「真駒内」から、ばんけいバスで「ばんけいスキー場」下車、徒歩12分
Google Map