Wi-Fiサービス

札幌市内の無料で利用できる主なWi-Fiスポットをご紹介します。

札幌市内の無料で利用できる主なWi-Fiスポットをご紹介します。

札幌市が運用する観光客向け無料Wi-Fiサービス

札幌市が運営する「Sapporo City Wi-Fi(サッポロ・シティ・ワイファイ)」は、メールアドレスを入力し利用登録すると、利用可能エリア内で一回30分間利用できます。接続可能回数は無制限。日本語、英語、韓国語、簡体語、繁体語、タイ語に対応しています。下記のスマートフォンアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に登録している場合、利用登録は不要です。

主な利用可能エリア

札幌コンベンションセンター
大通公園(1~11丁目)
定山渓温泉街
札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
アカプラ
円山動物園
札幌市営地下鉄の駅構内
さっぽろ駅(南北線・東豊線)、大通駅(南北線・東西線・東豊線)、すすきの駅、中島公園駅、麻生駅、真駒内駅、宮の沢駅、円山公園駅、バスセンター前駅、東札幌駅、新さっぽろ駅、栄町駅、福住駅

フリーWi-Fiを利用するときに便利なアプリ

スマートフォンアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」は、フリーWi-Fiスポットを検索し、スポット内に行けばワンタップでWi-Fiを利用できる無料アプリ。エリア毎に必要だった利用登録の手続きを省くことができます。空港や駅、商業施設など日本国内の多くのフリーWi-Fiスポットに対応しています。11言語に対応。
詳しくは、「Japan Connected-free Wi-Fi」のウェブサイト


札幌市内約2,400カ所の無料Wi-Fiサービス

スマートフォン等のWi-Fi端末を持っている来訪者が利用できるWi-Fiサービスです。札幌市内約2,400カ所の利用可能エリアで、無料でWi-Fiが利用できます。通信キャリアやメーカーに制限なく利用できます。

詳しくは、NTT東日本「光ステーション サービス内容」


コンビニエンスストアなど

このマークがついたコンビニエンスストアやショッピンングセンター各店でもご利用いただけます。詳しくは、店舗にてご確認ください。


SIMカード自動販売機

札幌駅構内の「北海道さっぽろ観光案内所」では、旅行時に便利なプリペイド式SIMカードの自動販売機を設置しています。SIMフリーのモバイル端末をお持ちの方は、手軽に日本国内のデータ通信を利用でき便利です。

1.2GB 3,500円(30日間利用可能)
3.2GB 5,500円(60日間利用可能)
標準SIM、MicroSIM、nanoSIMの3サイズを取扱い