札幌市下水道科学館

下水道の仕組みや役割を楽しく学び、水環境を身近に感じる科学館

知っているようで知らない下水道の仕組みや役割を、小学生やその家族が楽しく理解、学ぶことを目的としている科学館。
1階は、川の流れのグラフィックがフロア全体に展開しており、一部のエリアでは、来館者が近づくと豊平川に生息する魚類や鳥類等が飛び出す映像体験が可能。
2階では、汚水をきれいにする水再生プラザ運転シミュレーションや、下水道管内の点検・調査を行うテレビカメラ車など、来館者が下水道施設で行われている仕事を擬似的に体験できる。下水道を通し、子ども達にも水環境の問題を考えてもらえる施設だ。

雨水貯留管

雨水貯留管

地下4階では、大雨の時に一時的に下水を貯めておく、直径5mの「雨水貯留管」の実物を見ることができる。※11月下旬〜3月中旬は、融雪に使う処理水が入っているため貯留管は見ることが出来ない。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため当面の間、地下4階の展示施設は休止中

イベント

イベント

毎年9月に開催している「下水道科学館フェスタ」のほか、楽しみながら水環境や下水道について学べる様々なイベントを開催(下記公式ホームページを参照)。

創成川水再生プラザ個人見学会

創成川水再生プラザ個人見学会

隣接する「創成川水再生プラザ(下水処理場)」で、下水がきれいになるまでの過程を実際に見て学べる見学会を毎月1度行っている。 日時:毎月第2・4日曜14:00〜(40分間) 対象:小学生以上 申込みは不要、開始時刻までに科学館受付に集合
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間、休止中

札幌市下水道科学館

住所
札幌市北区麻生町8丁目
営業時間
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
※7月12日~8月は無休。その他、臨時の休館日有り
料金
入館無料
駐車場
無料
電話
011-717-0046
公式サイト
http://www.sapporo-src.com/kagakukan/
交通
・JR学園都市線「新琴似」 下車、徒歩15分
・地下鉄南北線「麻生」から、中央バス(麻24・麻33)で「北営業所」下車、徒歩5分
・地下鉄東西線「バスセンター前」・地下鉄南北線・東西線「大通」側の中央バス「札幌ターミナル」から、中央バス(02・22・34・35・36・39・石狩線・札厚線)で「下水道科学館前」下車、徒歩5分
Google Map