サッポロファクトリー

日本人によるビール造り発祥の地で、天気を気にせずショッピング

1876(明治9)年に開拓使によって作られた、日本人の手による初のビール工場「開拓使麦酒醸造所」の跡地に立つ商業施設。館内は大きく7つのエリアに分かれ、特徴的なのは大きな温室のような造りになっている「アトリウム」だ。地下から4階分が吹抜けになっており、日差しが注ぐ気持ちのよい空間。吹抜けを囲むように並ぶアウトドアショップや雑貨店、インテリアショップやカフェをめぐりながら買い物が楽しめる。11月から12月下旬までは、十勝の広尾町から運ばれてきた巨大なクリスマスツリーが飾られ、16時になると音楽とともにイルミネーションが点灯。また、煙突広場には工場創業当時の味わいを再現した出来たてのビールが250円で飲める「札幌開拓使麦酒・賣捌所」もある。

エンジョイ、クラフトビール!おすすめは札幌ビール観光|特集
コロンビアとノースフェイスのショップを見て、私は地元にいる気持ちになりました。|ようこそさっぽろブログ
誰でもサッポロファクトリーが好きになる|ようこそさっぽろブログ

イベントカレンダー
11月サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー
12月サッポロファクトリー ジャンボクリスマスツリー
アトリウム

アトリウム

冬でも日差しが暖かい全天候型アトリウム。冬の風物詩になっているクリスマスツリーは、この施設の中に立てられる。

札幌開拓使麦酒醸造所

札幌開拓使麦酒醸造所

「札幌開拓使麦酒醸造所」では、今も仕込み釜を使ってビールを製造。建物裏にある「札幌開拓使麦酒・賣捌所」では、サッポロビール創業当時の味を再現したできたて地ビールを250円で提供している。

ビヤケラー札幌開拓使

ビヤケラー札幌開拓使

1907年にビール樽の貯蔵庫として増築された3本のトンネルを利用した店内では、11種類の生ビールを楽しめる。3種類ある開拓使麦酒のテイスティングセットがおすすめ。

レンガ外観

レンガ外観

緑から赤へ、季節によって色を変えるツタの葉が印象的な「レンガ館」。5月下旬~9月上旬まで、屋外ビアガーデンを開催。ジンギスカンの食べ放題も人気。

煙突広場

煙突広場

「煙突広場」の愛称で知られる広場。ビール工場のシンボルである煙突が、高くそびえる。冬には煙突によじのぼるサンタが登場。

フロンティア館

フロンティア館

スーパーや雑貨店、メディカルフロアが入った「フロンティア館」。映画館やペットショップも賑わっている。

サッポロファクトリー

住所
札幌市中央区北2条東4丁目
営業時間
ショッピング 10時~20時
レストラン 11時~22時
定休日
不定休
料金
入館無料
駐車場
1時間無料、200円/30分 
※2,000円以上の利用で3時間無料
電話
011-207-5000
公式サイト
http://sapporofactory.jp/
交通
・地下鉄東西線「バスセンター前」下車、徒歩3分
・地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)」 から、 中央バス(環88)で「サッポロファクトリー」下車、すぐ
Google Map