ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

博物館や蒸溜所見学を通し、ウイスキーの本場を思わせる風景へ

日本人として初めて、スコットランドで本格スコッチウイスキーの蒸溜技術を学んだ竹鶴政孝。スコットランドに似た気候や豊かな自然を探し続け、1934年、余市に蒸溜所を開いた。敷地内には、竹鶴氏とスコットランド人のリタ夫人が暮らした邸宅やウイスキー博物館などがあり、蒸溜所見学と併せて一般に公開。蒸溜所見学では原料となる大麦の乾燥から蒸溜、製樽、貯蔵までウイスキー造りに関する主な施設を見ることができる。所要時間約1時間の無料ガイド付きツアーを利用すれば、ウイスキー製造の工程やニッカの歴史をより深く理解できる。

2020年2月22日(土)~醸造所見学、レストラン、ギフトショップ一時休止
*再開日は公式サイトをご確認ください

ウイスキー博物館

ウイスキー博物館

ウイスキーの貯蔵庫を改装した博物館。ウイスキーのルーツや製法、種類、楽しみ方などを紹介し、ウイスキー造りの道具を展示。創業者・竹鶴政孝が情熱を注いだウイスキー造りの足跡やリタ夫人との思い出もパネルや愛用品などとと共に紹介する。開館時間は9時15分~16時45分(有料試飲コーナーのオーダーストップは16時30分)、入館無料。

旧竹鶴邸

旧竹鶴邸

昭和10年、竹鶴政孝とリタ夫人の住居として工場内に建設された。その後、郊外に移設されるが、2002年に工場内に移築、復元。玄関ホールと庭園を公開している。和洋折衷の建築はスコットランドから嫁いだリタ夫人への思いやりを象徴している。開館時間は9時15分~16時30分、入館無料。

リタハウス

リタハウス

昭和6年に建設され、ウイスキー製造工程の研究、ブレンド、成分解析などの研究室として使用された建物。現在は建物内部は公開されていないが、「リタハウス」の愛称で親しまれている。また旧竹鶴邸や第一・二乾燥棟などと共に国の登録有形文化財に認定されている。

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

住所
余市町黒川町7丁目6
営業時間
9時~17時(ガイド付きは15時30分まで)
定休日
年末年始
料金
無料
駐車場
無料
電話
0135-23-3131
公式サイト
http://www.nikka.com/know/yoichi/
交通
・ JR函館本線「余市」下車、徒歩3分