北海道立真駒内公園

北海道立真駒内公園

市内屈指の紅葉スポットで桜の名所は、氷上の闘い、札幌オリンピックの舞台

1972(昭和47)年、札幌オリンピックのメイン会場となった真駒内公園。 フィギュアスケート女子シングル銅メダリストのジャネット・リンが、華麗な演技で人々を魅了したのは現在の「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」だ。歴史あるリンクは冬期間は一般に有料開放されている。公園内には3kmの周回コースがあり、夏はランニングやジョギングを、冬は歩くスキーやウォーキングを楽しむ人々の姿が見られる。85haの敷地には約13,200本の樹木が植えられ、約50,000本の自然木が残る。樹齢135年超の古木もあり、札幌の豊かな自然を感じることが出来る。紅葉の名所として知られるが、実は桜の名所でもある。5月上旬にはカタクリが咲き誇り、都市公園で自生するものとしては最大規模だ。

札幌へスポーツ旅!初心者でも楽しめるスケートはデートにおすすめ。|特集
500円からの札幌節約デートコース|キーワード
札幌オリンピック冬季大会(1972年)|キーワード

北海道立真駒内公園

住所
札幌市南区真駒内公園3-1
料金
入場無料
駐車場
無料
※4月29日~11月3日の土曜・日曜・祝日のみ320円
電話
011-581-1961(真駒内公園事務所)
公式サイト
http://www.makomanai.com/koen/
交通
・地下鉄南北線「真駒内」下車、徒歩25分
・地下鉄南北線「真駒内」から、じょうてつバス(南90・南95・南96・南97・南98・環96)で「上町1丁目」「真駒内競技場前」下車、徒歩2分
Google Map