サッポロテイネ

札幌オリンピックの競技会場を滑降、気分とレベルに合わせて手稲山を制覇

手稲山にある総合レジャー施設で、冬は山全体がスキー場に。麓に近い「オリンピアゾーン」と、山頂を含む「ハイランドゾーン」から成り、多彩なコースが設けられています。1972(昭和47)年の札幌オリンピックで使用された2キロメートルの「女子大回転コース」と700メートルの「男女回転コース」は、スキーヤーなら一度はチャレンジしてみたいコース。今も遺る聖火台からスタートするコースは、石狩湾に飛び込むかのような感覚を楽しめます。さらにスリルを求めるなら、林の中を急降下する「北かべ」がおすすめ。北海道で最長の6キロメートルの初級コースは、山頂から両ゾーンを貫いて一気に滑り降りるのが爽快です。

札幌市内のスキー場は、観光でいらしている方も手軽に日帰りで楽しめます。|特集
札幌オリンピック冬季大会(1972年)|コラム
初めてのスキー体験

初めてのスキー体験

スキー板の取りつけ方や歩く練習、斜面の滑り方など基礎からインストラクターが指導してくれるます(有料、板・ブーツ・ポール・帽子・グローブ・ゴーグルのレンタル付き、ウエアの貸し出しは別料金)。6歳以上2名~、営業期間は12月~3月の予定。

恐竜キッズパーク

恐竜キッズパーク

オリンピアゾーンにある、小さな子どもが遊べるエリア。スキーはもちろん、ソリやスノーチューブ、エアークッション遊具で楽しめます(要入場料※1日券・時間券・Kウィンターパス会員・オリンピアスクール会員は無料、4歳以上、10時~16時)。

ホットカフェ1024

ホットカフェ1024

標高1023メートルの手稲山山頂にあるカフェ。そば・うどんなどの軽食が用意されています。眼下には札幌の街並みが広がり、遠くは日本海までを望めることも。その絶景を見るだけでも、登りがいがあります。10時~15時(Lo.14時40分)。

サッポロテイネ

住所
オリンピアゾーン/札幌市手稲区手稲本町593
ハイランドゾーン/札幌市手稲区手稲金山172
営業時間
ハイランドゾーン/例年11月下旬~翌年5月初旬(2019年は11月23日オープン予定)
オリンピアゾーン/例年12月初旬~翌年3月下旬(2019年は12月7日オープン予定)
※4月以降は土曜・日曜・祝日のみ営業

ハイランドゾーン/9時~17時
オリンピアゾーン/9時~21時

※上記は2019-2020年の情報、詳しくは公式サイトを要参照
定休日
期間中無休
料金
リフト料金(1日券)/大人5,400円、60歳以上4,400円、高校生・中学生4,400円、小学生以下2,800円 
※その他、シーズンパスや期間割引あり
※料金は初すべり、春スキーなど期間によって変動します(詳しくは公式サイトを要参照)
駐車場
無料
電話
011-682-6000
公式サイト
https://sapporo-teine.com/snow/
備考
※天候や降雪量によってスキー場がクローズしたり営業時間が変更になる場合があります。詳細はスキー場へ直接ご確認ください。
交通
・札幌市中心部から、車で約40分
・地下鉄東西線「宮の沢」から、JR北海道バス(宮70)で「テイネオリンピア前」「テイネハイランド」下車、すぐ
・JR函館本線「手稲」から、JR北海道バス(手70)で「テイネオリンピア前」「テイネハイランド」下車
、すぐ
Google Map