北海道立文学館

北海道立文学館

アイヌ民族から児童文学まで。北海道文学の潮流を知る

文学関係者の熱意が実り、1995(平成7)年、北海道初の総合文学館として開館。文化施設が点在する中島公園内にあり、石川啄木、有島武郎、小林多喜二、三浦綾子など北海道ゆかりの作家と作品に関する資料約26万点を収蔵、展示している文学資料館。小説、評論、エッセイ、詩、短歌、俳句、川柳、児童文学、さらにはアイヌ民族の口承文芸まで、19世紀中頃から現在に及ぶ北海道の文学を網羅している。約1,300点に及ぶ資料を展示する常設展では、代表的な作家とその作品が時代ごとに紹介され、北海道文学の流れが一目で理解できる。作家の愛用品もあり、中でも北海道文学の父といわれる有島武郎の手紙は必見だ。

常設展示室

常設展示室

「北海道の文学」と題し、約26万点の収蔵資料から精選した直筆原稿や初版本、書簡、色紙、短冊などを通して、北の地を舞台に展開された文学の多様な営みを知ることができる。 新たに収蔵された資料は、常設展示室内の「文学館アーカイブ」コーナーに展示されている。

北海道立文学館

住所
札幌市中央区中島公園1-4
営業時間
9時30分~17時(入館は16時30分まで
定休日
月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始
料金
常設展 大人500円、高大学生250円
駐車場
無料(7台)
電話
011-511-7655
公式サイト
http://www.h-bungaku.or.jp/
交通
・地下鉄南北線「中島公園」下車、徒歩6分
・地下鉄南北線「幌平橋」下車、徒歩7分
Google Map