北海道コカ・コーラボトリング札幌工場

北海道のコカ・コーラ製品の製造基地、国内最大規模の倉庫を持つ自社工場

主力商品の「コカ・コーラ」を始め、北海道で流通するコカ・コーラ社製品のほとんどを製造している。「プラントツアー」では、アルミ缶にコーヒーやお茶などの飲料を充填する行程を、通路から見ることができる。特に「立体自動倉庫」は迫力満点。高さ約31m、2万棚という国内のコカ・コーラ工場で最大級の広さを誇り、ガラス越しに自動的に商品が生産ラインから搬送・出荷されるまでのダイナミックな行程を見られる。約60分間の見学では、コカ・コーラの歴史とともに、最新鋭の設備を知ることも出来る。最後に懐かしい瓶のコカ・コーラや、北海道限定商品を試飲できるのも嬉しい。

北海道限定商品

北海道限定商品

1963年に設立。コカ・コーラやジョージアコーヒーのほかジュースなど、地域性に合わせた北海道限定商品も数多く製造している。また工場で利用している水は、災害応援用の生活用水に指定されている。

大型立体自動倉庫

大型立体自動倉庫

大型立体自動倉庫は、2002年11月に本格稼働を開始。広大なスペースではケースの積み替えなどのほか、生産日及び賞味期限の自動管理なども行われている。日によっては、合わせて無菌でペットボトルに充填するライン「アセプティックライン」を見学できることもある。

わくわくコミュニケーションルーム

わくわくコミュニケーションルーム

「わくわくコミュニケーションルーム」では、見学後にコカ・コーラの歴史や、製造ラインの見えづらかった部分を映像で放映しながら解説する。コカ・コーラなどの試飲もここで行われる。

北海道コカ・コーラボトリング札幌工場

住所
札幌市清田区清田1条1丁目2-1
営業時間
平日 10時〜11時30分、13時30分〜16時30分
※祝日は一部営業の日もあり 7〜9月は土曜も営業
料金
工場見学無料 2〜140名 (140名以上の場合は要相談)
駐車場
無料
電話
011-888-2100(お申し込み受付:平日 9時〜17時30分)
公式サイト
https://factory.hokkaido.ccbc.co.jp/
交通
・地下鉄東西線「南郷18丁目」から、中央バス(62番)で「清田団地入口(旧道)」下車、徒歩2分
・地下鉄東西線「南郷18丁目」から、中央バス(77・85・86番)で「北野1条2丁目」下車、徒歩5分

・地下鉄東豊線「福住」から、中央バス(50・80・85・86・88・96・97番)で「清田団地入口(国道)」下車
、徒歩5分
・地下鉄東豊線「月寒中央」から中央バス(80・96・97番)で「清田団地入口」下車、徒歩5分
Google Map