新型コロナウイルス感染症対策について

市内観光施設では、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、「新しい生活様式」の実践に向け、「新北海道スタイル安心宣言」に沿った以下の取り組みを行っています。

1 マスク着用、こまめな手洗い
2 スタッフの健康管理
3 施設内の定期的な換気
4 定期的な消毒・洗浄
5 人と人との接触機会の減少
6 お客様への咳エチケットや手洗いの呼びかけ
7 上記の取組の積極的なPR

札幌を訪れた観光客の皆様に安心して楽しんでもらえるよう、今後も新型コロナウイルス感染症対策に取り組んで行きます。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

マスク着用を義務付け
飛沫予防
消毒液の設置

その他の感染症対策
  • ・屋内施設の定期的な換気
  • 飲食施設にて座席間の2メートル程度の距離を確保
  • ・スタッフの小まめな手洗い
  • ・ドアノブ、手すり等の消毒作業を定期的に行っているほか、お客様が触れるものに関しては、使用の都度消毒を実施
  • ・待ち列が発生する恐れのある場所にはソーシャルディスタンスが保たれるよう足元に目印を表示

など様々な対策を行っております。

さっぽろテレビ塔展望台

アルコール消毒
外階段を開放中①
外階段を開放中②
その他の感染症対策
  • ・従業員のマスク着用、こまめな手洗い、アルコール消毒の徹底
  • ・開店前・日中・夕方に窓を開け各フロアの換気を実施及び空調設備を活用したこまめな換気を実施
  • ・換気対策のため、通常開放していない外階段を開放
  • ・受付や会計などにビニール仕切りを設置及びスタッフはフェイスガードを装着
  • ・エレベーターの人数制限
  • ・入場者に対しマスク着用を呼びかけ

など様々な対策を行っております。

札幌もいわ山ロープウェイ

施設内でのマスク常時着用を呼びかけ
ロープウェイ内の換気の徹底
もーりす」もマスク着用を呼びかけ
その他の感染症対策
  • ・従業員は業務時間中を含め常時マスクを着用
  • ・事務所をはじめとする施設内に手指消毒液を設置
  • ・出勤前に自宅で体温を測り、熱がある場合は出勤させないことを徹底
  • ・当日出勤する職員の体温をすべて記録し、発熱している職員がいないことを確認
  • ・ロープウェイの乗車定員を半数程度(通常66名)に制限し通気を確保

など様々な対策を行っております。

大倉山展望台・札幌オリンピックミュージアム

感染予防の協力呼びかけ
設備の消毒
エレベーター内でのソーシャルディスタンス確保
その他の感染症対策
  • ・スタッフは必ずマスクを着用し、こまめに消毒を実施
  • ・定期的に消毒作業を行っているほか、お客様が触れるものに関しては使用の都度消毒を実施
  • ・行列が発生する恐れのある場所にはソーシャルディスタンスが保たれるよう立ち位置を表示

など様々な対策を行っております。

定山渓温泉

定山渓安心宣言・かっぽん消毒液
ホテルフロント飛沫防止パーテーション
足湯のソーシャルディスタンス
その他の感染症対策
  • ・新北海道スタイルに準拠した「定山渓安心宣言」の策定
  • ・定山渓にお越しのお客様に向けた温泉での過ごし方「定山渓癒(ゆ)の提案」の策定
  • ・温泉地ならではの感染症対策の取り組みをまとめたガイドブックの作成

など様々な対策を行っております。

すすきの地区

席を間引き荷物置きを設置したテーブル席
ステッカーで衛生管理の徹底を周知
感染防止対策マニュアルの作成
その他の感染症対策
  • ・従業員の手洗いや健康チェック、店内の換気など
  • ・すすきの観光協会では感染防止対策マニュアルを作成。マニュアルに掲載されている30項目の対策を全て実施している店にステッカーを配布

など様々な対策を行っております。

感染防止に取り組んでいるその他の施設一覧です。
具体的な取り組み内容や開館情報などについては各施設公式HPをご覧くださいい。