道立自然公園野幌森林公園

全国でも珍しい大都市に広がる森、そこには原始の北海道の面影が残る

北海道百年を記念して、1968(昭和43)年に「北海道立自然公園」に指定。敷地面積2,053ha、札幌市・江別市・北広島市の3つの市にまたがる野幌丘陵に広がる。大都市近郊にありながら、まとまった面積の森林が残されている平地林は、日本でも数少ない。公園内の約8割が国有林で、鳥獣保護区になっている。 樹木約110種、野草400種以上、キノコ200種以上、野鳥140種以上、昆虫1,300種以上のほか、エゾリスやユキウサギなどが生息する。1977(昭和52)年には、昭和天皇の在位五十周年を記念した「昭和の森自然休養林」に指定された。

散策コース

散策コース

園内には周遊2~6km程度の散策コースが整備されている。カツラやハルニレの森を歩く「桂コース(1.7km)」、フクジュソウやザゼンソウなど四季折々の山野草を見られる「四季美コース(1.9km)」など17コース。季節や気分に合わせて楽しめる。

エゾリス

エゾリス

園内にはエゾリスや天然記念物のクマゲラ、ミヤマエンレイソウなど稀少な動植物が生息。水辺では、春にエゾアカガエルやエゾサンショウウオの卵を観察できる。クマゲラが木に開けた四角い穴や、動物の足跡を探すのも面白い。春夏秋冬、園内くまなく豊かな自然を楽しめる。

自然ふれあい交流館

自然ふれあい交流館

園内や北海道の自然に関する情報を入手できるビジターセンター。年間を通して自然観察会やガイドツアーを開催、入場は無料。5月~9月は9時〜17時、10月〜4月は9時30分〜16時30分。休館日は月曜(祝日の場合は開館)、年末年始、電話011-386-5832。

道立自然公園野幌森林公園

住所
札幌市厚別区厚別町小野幌53-2(開拓記念館総務課)
営業時間
閉園期間、閉園時間は無し(一部の施設を除く)
料金
無料
駐車場
無料(9時~17時、冬季閉鎖)
電話
011-898-0456(開拓記念館総務課)
公式サイト
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/environ/parks/nopporo.htm
交通
・JR函館本線「森林公園」 から、徒歩20分
・地下鉄東西線・JR線「新さっぽろ(札幌)」 から、ジェイ・アール北海道バス(22・新22)で「開拓の村入口」「野幌森林公園」「記念館入口」「開拓の村」下車、すぐ
Google Map