えこりん村

環境問題や健全な食の提案がテーマ。アルパカや世界最大級のトマトが評判

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」で知られる株式会社アレフによって、2006年に開園。約40haの敷地の中は、30のテーマガーデンがある「銀河庭園」、アルパカや羊たちを間近で見ることが出来る「みどりの牧場」のほか、レストラン、ガーデンセンターなどで構成される。えこりん村の名称には、「持続可能な社会の形成への貢献を実現するため、動植物をはじめとする自然環境とのつながりを大切にする」という思いが込められている。廃材を利用したガーデンや生ごみ処理機、地中熱ヒートポンプ、無水トイレの設置など、花や動物たちと遊びながら、環境問題への関心を高められるテーマパークだ。

朝まで楽しむ、24時以降の札幌観光モデルコース|特集
ガーデンセンター「花の牧場」

ガーデンセンター「花の牧場」

ガーデンセンター「花の牧場」では、約3万点ものガーデングッズや食料品を取り揃えている。えこりん村オリジナル商品のジャムなどのほか、ハーブ講座やアートフラワー講座などのイベントも。

とまとの森

とまとの森

とまとの森は、1本の苗木から、約13,000個の実がなる世界最大級のトマトを見られる。一般的な品種の種1粒から、水耕栽培でのびのび育てた結果、草高180cm、葉の広がりが約10mの樹木のような大きさに育った。公開は4月から10月。

みどりの牧場

みどりの牧場

ユーモラスで愛嬌のある表情が人気のアルパカ。園全体のマスコットキャラクター的存在になっている。他にもヒツジやヤギ、ラマ、ミニュチュアホースなどが間近に眺められる。

えこりん村

住所
恵庭市牧場277-4
営業時間
営業時間及び定休日は施設により異なる
料金
銀河庭園&みどりの牧場入園料/大人1200円、中学生以下600円、65歳以上1,000円、障がい者・介助者600円
駐車場
無料
電話
0123-34-7800
公式サイト
http://www.ecorinvillage.com/
交通
・JR千歳線「恵庭」から、無料バス運行
Google Map