金大亭(きんだいてい)

金大亭(きんだいてい)

鮭がたっぷり入った郷土料理「石狩鍋」が名物。老舗の鮭料理専門店

金大亭は、札幌中心部から車で40分ほどの石狩市にある、1880年創業の鮭料理専門店。秋からの鮭はもちろん、春から秋にかけて提供される鱒(マス ※サケ科の魚)も全て石狩産で、創業以来の伝統を守る鮭尽くしのコース料理を楽しめる。締めに出てくる「石狩鍋」は、鮭や野菜を味噌で煮込んだ北海道の郷土料理。金大亭独自の味付けにファンが多い一品だ。そのほかにも、アイヌの伝統料理「ルイベ」と呼ばれる凍らせた鮭の刺身をはじめ、日本酒が進みそうなメフン(鮭の腎臓)の塩辛など、名物料理を味わえる。すぐ隣にあそびーち石狩があるので、食後の散歩も楽しんで。

秋の札幌観光でしたいこと総まとめ|特集
寒塩引(かんしおびき)

寒塩引(かんしおびき)

江戸時代から伝わる製法で、半年かけて手作りする自慢の一品。こちらは「月」コース(9品、4,000円)に含まれるが、単品での注文も可能。

建物

建物

明治時代の建築が美しい。日本庭園や鳥のさえずりを楽しみながら、ゆったり寛いで。

金大亭(きんだいてい)

住所
石狩市新町1
営業時間
11時〜19時(閉店21時、要予約)
定休日
不定休
駐車場
無料
電話
0133-62-3011
交通
・札幌市中心部から、車で約40分
・中央バス札幌ターミナル(7番乗り場)から、石狩線乗車(約60分)、終点「石狩」下車、徒歩5分