北海道神宮例祭(札幌まつり)

毎年6月14日~16日に開催、煌びやかな神輿渡御や祭りの屋台で賑やかに

2020年6月14日~16日

北海道神宮例祭(札幌まつり)は、現在全国的に拡大している新型コロナウイルスの感染症の状況を鑑み、中止となりました。
「札幌まつり」とも呼ばれて市民に親しまれる100年以上の歴史がある祭り。16日に行なわれる「神輿渡御」では、色とりどりの平安時代の絵巻物を彷彿させる衣装をまとった1,000人以上の市民が北海道神宮の神様をのせた4基の神輿を中心に8基の山車と一緒に市内を練り歩く。円山にある北海道神宮を出発し、中心部を通る午後には大通で神輿と山車のお披露目の時間が設けられ、たくさんの市民が集まる。北海道神宮では屋台の出店や伝統的な奉納行事などが行なわれ、中島公園内にもたくさんの屋台やお化け屋敷などの小屋が建つ。

神社が、交流の中心となり、文化が生まれる 北海道神宮権禰宜 伊藤勇|インタビュー
夏の札幌観光でしたいこと総まとめ|特集

北海道神宮例祭(札幌まつり)

開催期間
2020年6月14日~16日
開催場所
北海道神宮、中島公園
公式サイト
http://www.hokkaidojingu.or.jp/
備考
電話 神輿・祭事について 011-611-0261(北海道神宮社務所) / 中島公園の屋台等イベントについて 011-511-3924(中島公園管理事務所)

営業時間 北海道神宮 9時~21時 ※最終日は18時まで。

中島公園 10時~22時 ※最終日の営業時間は、屋台によって異なります。