第28期特別記念展 中国近現代の書画展 ~強靱なる文雅の伝統〜

 中国の近代化は、辛亥革命による清朝打倒と中華民国成立を起点に、長く複雑な混乱と闘争を経て、中華人民共和国の成立により実現しました。本展では、この間にぁって、時代の制約を受けつつ、様々な芸術的・思想的・政治的立場に立った人々二十二名を取り上げ、その所産である書画作品四十点余を展覧します。  呉昌碩・斉白石・王一亭ら芸術家の一群、変法維新の康有為、革命の孫文、軍紳の黎元洪・徐世昌、末代皇帝愛新覚羅溥儀と遺老の鄭孝胥・羅振玉、文化人の魯迅・郭沫若、国民党右派の汪精衛、共産党の毛沢東などの政治家、更には現代の書家啓功・沈鵬、重厚で多彩な人達です。  これらを通観すれば、それぞれが古典を素養に持ち、伝統的な詩書画の世界を踏まえつつ、自己表現を行っており、脈々たる中国の伝統芸術の強靱さが窺えるようです。展覧は十一月三十日(水)まで。なお、八月十三〜十五日はお盆休みとなります。 令和4年8月4日(木)〜 11月30日(水) 休館日:月曜日、お盆 (8月13~15日) 小原道城書道美術館 札幌市中央区轮2条西2丁目札幌2・2ビル2階 入館料:300円 (大学生以下無料)

第28期特別記念展 中国近現代の書画展 ~強靱なる文雅の伝統〜

開催期間
2022年08月04日~2022年11月30日
休館日:月曜日、お盆 (8月13~15日)
開催場所
小原道城書道美術館
札幌市中央区北2条西2丁目41
札幌2・2ビル2F
主催者
小原道城書道美術館
料金
入館料:300円 (大学生以下無料)
お問合せ
小原道城書道美術館
電話
011-552-2100