高橋三太郎展 カタチの生まれ方 part2 温故知新ー始まりはwindsor chair

札幌市在住の木工家 高橋三太郎氏の個展を開催いたします。 高橋三太郎氏は1982年に工房を設立し、40年にわたり椅子を中心に家具のデザイン、制作を続けている木工家です。 2013年にギャラリ一創で開催した個展「カタチの種・デザインのタネ」では、「無からカタチは生まれない」という言葉をもとに、自身ガデザインした椅子の デザインの種(いわば種明かし)をパネルで紹介し反響を呼びました。自身のオリジナルの椅子が誕生するまでのデザインの種、カタチの生まれ方。2回目の開催となる本展では、「カタチの生まれ方 part2 温故知新ー始まりはwimdsor chair」と題し、ウインザーチェアに焦点を当て、この40年間にデザイン制作してきたウインザーチェアを最新作(DM作品)まで一堂に展示いたします。

高橋三太郎展 カタチの生まれ方 part2 温故知新ー始まりはwindsor chair

開催期間
2022年10月01日~2022年10月10日
最終日は17:00まで
開催場所
GALLERY創
札幌市中央区南9条西6丁目1-36
U-ステージ
主催者
GALLERY創
お問合せ
GALLERY創
電話
011-562-7762
公式サイト
http://sou.agson.jp