【特別展】国宝・法隆寺展

市民に質の高い美術鑑賞の機会を提供することを目的に、本行事を開催いたします。2022年は聖徳太子が亡くなって1400年に当たる。太子は仏教の信仰に厚く、法隆寺や四天王寺などを建立。中でも法隆寺は世界最古の木造建造物として、7世紀以降の貴重な宝物が現在まで伝えられ、1993年に国内第1号の世界文化遺産として認定された。本展は、法隆寺、中宮寺及び太子ゆかりの斑鳩の諸寺に伝わる宝物を国宝約10点、重要文化財十数点を中心に紹介。本展覧会では法隆寺において護り伝えられてきた寺宝を中心に、飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて法隆寺の世界を紹介。

【特別展】国宝・法隆寺展

開催期間
2022年09月03日~2022年10月30日
【前期】9月3日~10月2日
【後期】10月4日~10月30日

※9/19と10/10を除く月曜と、9/20と10/11は休館
※入館は閉館の30分前まで
2022年09月03日~2022年09月03日
◎講演会「法隆寺−聖徳太子信仰の寺−」
会場:当館講堂(要観覧券)
定員:100人

※当日11時30分より、観覧券(半券可)をご提示の方に整理券を配布します。
開場時間:12:30
開演時間:13:00
2022年10月02日~2022年10月23日
◎見どころ解説
・10月2日
・10月23日
会場:当館講堂(聴講無料)
定員:100人
開場時間:13:30
開演時間:14:00
開催場所
北海道立近代美術館
札幌市中央区北1条西17丁目
主催者
北海道近代美術館 北海道新聞社 テレビ北海道
料金
一般1,800(1,600)円、高大1,000(800)円、中学700(500)円
( )内は前売料金、または10名以上の団体料金、小学生以下無料(要保護者同伴)
お問合せ
北海道立近代美術館
電話
011-644-6882
公式サイト
https://artmuseum.pref.hokkaido.lg.jp/knb