前幾篇也曾經介紹過札幌最具特色的美食:湯咖哩、拉麵沙拉以及今天要介紹的主角-成吉思汗烤肉。

成吉思汗烤肉的由來,據說是古代成吉思汗在率兵打仗時,為了解決糧食不足問題,便以石頭砌成爐子,盾牌作為烤爐,把戰死的馬或者牛羊雞豬等切成肉塊配上自備的蔬菜,放上烤盤調味的料理。演變到現在,一般日本人所稱的成吉思汗烤肉都是使用羊肉,且據說道地的成吉思汗烤肉是使用中間突起的烤盤,羊肉放在中間凸起處燒烤,旁邊的凹槽則是用來烤青菜。

一般講到成吉思汗烤肉或者蒙古烤肉,台灣人的印象大多是「台式」的蒙古烤肉,其實台式的蒙古烤肉起源於台灣,是台灣人自己發明的料理,也因此和真正的蒙古烤肉有些不同。

北海道的成吉思汗烤肉店家非常多,今天要介紹的是這間-山田蒙古 北8條店(ヤマダモンゴル 北8条店)。

 

150330_001

 

店內空間其實並不大,但有種小而溫馨的感覺。入口處為吧台式的餐桌,若人數較多可以選擇店內4-6人坐的桌子。

 

150330_002

 

店內菜單的種類非常豐富,飲料可選擇單點或者90分鐘喝到飽(1500日圓),也有吃到飽+喝到飽的方案(要預約)。肉類雖然只有羊肉,但是也有分部位以及等級,若人數較多則可以多嘗試不同種類的羊肉,再配上幾盤青菜與白飯就可以吃得很滿足了。

由於當天我們是四個人,便點了6份720日圓的肉以及香菇、豆芽菜、馬鈴薯,還有一人一碗飯。點餐後服務生會先送上一盤免費招待的洋蔥,可以搭配羊肉一起烤,這樣食用起來更具香味!

 

150330_003

 

至於烤肉的技巧,推薦直接把羊肉放在烤盤凸起處烤至表面帶點微焦的金黃色後立即翻面,背面同樣烤到金黃色後即可食用,這樣的話才吃的到表面烤熟後的香味,且裡面不至於過熟而口感不佳。

 

150330_004

 

另外它們的馬鈴薯也相當推薦唷!馬鈴薯可如圖示一樣,與其他蔬菜一起放在烤盤邊邊,以小火慢慢烘烤,烤至一面帶點燒焦後再翻面繼續烤,反覆烤至中央熟透為止即可食用,切記,要烤到微焦才是恰到好處喔!這樣才能夠把馬鈴薯的香氣逼出來。

 

店家資訊

住址:北海道札幌市北区北8条西4

附近地鐵站:札幌車站

電話:011-727-2989

營業時間:17:00~24:00

定休日:12月31日~1月1日

ジンギスカン ヤマダモンゴル 北8条店

前篇も紹介しましたが、札幌の見逃せない料理はスープカレー、ラーメンサラダとジンギスカンです。今日はジンギスカンの店を紹介します!

ジンギスカンの由来については、昔のモンゴル帝国の将軍―チンギス・カンが遠征の陣中で、兵士のために作らせたことから来ているそうです。現在は羊肉を使う焼肉の料理になりました。本当のジンギスカン料理の食べ方は、一般的に鉄板の真ん中の凸のところに羊肉を焼いて、鉄板の周りに野菜を焼いて食べます。

ジンギスカン料理やモンゴル料理というと、台湾人はよく「台湾風」のモンゴル料理と連想しがちだと思います。実は「台湾風」のモンゴル料理の起源は台湾ですよ、それは台湾人が作った料理です。本当のジンギスカン料理と違います。

北海道にあるジンギスカン料理店は多いですが、今日はヤマダモンゴル 北8条店を紹介します。店内の空間はあまり広くないですが、小さくて心地よい店なのです。入口に近いところはカウンターで、裏に4-6人用のテーブルがあります。メニューの種類が多くて、飲み放題プラン(90分1500円)と飲み食べ放題プライン(要予約)もあります。肉はラムだけがあるのですが、種類と部位によって値段が違います。人数が多い場合は違う種類の肉をいくつか頼んで、少し野菜とご飯を食べると十分満足です。当日は4人なので、六つのラムショルダー、きのこ盛り合わせ、ジャガイモとご飯を頼みました。そして、注文したら玉ねぎが一皿無料でもらえますよ!焼き方は直接鉄板に入れて肉の表面が少し焦げるまで焼いて、裏面も同じく焼いたら食べると一番おいしいです。そして、野菜とジャガイモも同じように焼きます。表面が少し焦げるのは重要ですよ!

 

 

店の情報

住所:北海道札幌市北区北8条西4

最寄り駅:札幌駅

電話番号:011-727-2989

營業時間:17:00~24:00

定休日:12月31日~1月1日