對於南國出身的我來說,北海道的觀光資源最有魅力的就是雪了。著名的札幌雪祭今年也邁入第66屆,2015.02.05~02.11號的活動期間內,短短的一周就湧入了超過200萬以上的觀光客,非常可怕。不過今年因為下雨的影響,導致冰雕溶化,觀光客也比去年少了5萬人左右。

雪祭的會場有三個,大通公園會場、つどーむ會場(tsudomu)以及薄野會場。而主會場大通公園的冰雕中,今年最特別的就是這個啦~

 

001

 

電影星際大戰的冰雕!

 

雖然我不是星際大戰迷,但是看到如此巨大的冰雕,真的完完全全的被震攝住了。
另外,這次台灣展出的主題是台北的行天宮。行天宮在台灣也是相當有名的廟宇和觀光勝地,這次能在異鄉的札幌雪祭中看到自己故鄉的代表性建築物,心中滿滿的感動。

 

002

 

當然大通會場不只這兩座冰雕,還有許多大大小小各種主題的冰雕。被認定為世界遺產的奈良春日大社,這次還有燈光投影秀,靜態的冰雕上投影的燈光秀,配上背景音樂,彷彿被一同帶回古代一般,也是今年札幌雪祭的一大亮點。

 

003

 

由於會場相近,大通會場逛完後,接著也造訪了薄野會場。薄野會場不像大通會場一樣有各種巨大的冰雕,大多是展示一些有主題性或是比賽得獎的冰雕,但因造訪時前幾天有下過雨,導致許多冰雕融化,變得沒這麼漂亮,是我覺得比較可惜的地方。

 

004

 

這次札幌雪祭很可惜只造訪了兩個會場,不過在今年冬天以前連雪都沒看過的我,能看到各式各樣的冰雕,已經非常感動。另外讓我欽佩的是,原本雪對當地來說是個「負」的存在,地方卻能巧妙活用使它轉為「正」的觀光資源,吸引觀光客、帶來觀光財,讓我覺得札幌雪祭真的是非常了不起的活動。

冬のしばれ観光~第66回「さっぽろ雪まつり」

南国出身の私にとって、北海道の観光資源の中で一番魅力があるのはやっぱり雪だと思います。今年開催された「さっぽろ雪まつり」は第66回ですが、私は初めて行きました。

今年の「さっぽろ雪まつり」は2015.02.05から02.11まで開催され、たった一週間ですが、200万人以上の観光客が押し寄せました。しかし、最後の二日間ぐらいは雨が降って、雪像が溶けた影響で、観光客は去年よりやや減少したそうです。雪まつりの会場は三つがあり、「大通会場」、「つどーむ会場」と「すすきの会場」です。メイン会場の大通会場で、今年一番特別なのは映画Star Warsの雪像です!

Star Warsの大ファンではないんですが、このような巨大な雪像を見ると、凄く震撼されました。

次に紹介したいのは母国台湾の有名なお寺―行天宮です。行天宮は台湾の台北市にあり、人気の高い寺院・観光地です。台湾の観光名所・名寺は札幌で紹介されていたのを喜びました。

もちろん、大通会場にはこの二つの雪像だけではなく、いろいろな雪像があります。奈良の春日大社もメインの一つです。プロジェクションマッピングがあり、映像を春日大社に投影し、様々な物語を観光客に映像で語っていました。まさに雪まつりの魅力の一つです。

そして、すすきの会場にも行きました。すすきの会場は大通会場とちょっと違って、このようなテーマにした雪像が多いです。行った時は雨が降った翌日なので、雪像が少し溶けてしまいました。

 

今回は2つの会場しか行かなくて残念でしたが、札幌で冬のしばれ観光を通し、雪の魅力を強く感じました。元々地域にとって「負」の存在にもかかわらず、「正」の観光資源に転換し、大勢の観光客を引き寄せ、「さっぽろ雪まつり」は素晴らしいイベントだと思います。