Though I’d already be living in Sapporo for nearly half a year, I was embarrassed to admit that I still hadn’t made my way out to this city’s famous Sapporo Factory. So when a friend invited me to go to a goldfish themed event held there under the title “Art Aquarium,” I gave out an enthusiastic, “let’s go!” Thus began my maiden voyage the Sapporo Factory.

 

If you take a look inside you might think to yourself that “factory” is a bit of a misnomer. But standing there in the spacious and open building you really get a sense of the place’s factory past. My friend and I had a difficult time picking a restaurant with so many Japanese and ethnic cuisine to choose from, but we finally decided on Chinese. After filling up it was on to the goldfish.

01

Having no information beforehand, the term “goldfish event” brought to mind one giant tank packed with those cheap goldfish you’ll find at the pet store. But upon arriving at entrance I realized that the real deal was quite a bit more artistic than I had imagined. Stepping inside everything went pitch black, save for the black lights radiating from the tanks embedded in the wall, and took on the shape of a corn maze.

 

Walking along, I saw goldfish after goldfish of varieties I’ve never before seen in my life. There were bug-eyed goldfish, and goldfish appearing to sport a poofy poodle haircut. The kaleidoscope tank, traditional Japanese paper screen shaped tank and the giant fish bowl housing 1000 goldfish sent the exhibit way beyond my expectations.

I later learned that this “Art Aquarium” is a traveling exhibit in Japan. Naturally, Northern Metropolis Sapporo was selected as a host city.

02

The Sapporo Factory’s homepage reveals that these types of interesting events are always going on there. My trip to see the goldfish only opened my eyes to a small portion of this large facility, so I feel like I need to go back for other events and exhibits in order to see it all. Colorado sweets company Rocky Mountain Chocolate Factory is specially selling their candied apples and other American treats at the Factory until March 31, so I think I’ve found my excuse to go back!

(Note: the Art Aquarium Exhibit in Sapporo ended January 19, 2014)

 

 

Sapporo Factory

Hours: Shopping 10:00–20:00, Restaurants 11:00–22:00
Location: Kita 2-jo Higashi 4-chome, Chuo-ku, Sapporo
TEL: 011-207-5000
Website

誰でもサッポロファクトリーが好きになる

札幌に住んでいる時間はもう半年に近づいていたが、まだこの街の特徴であるサッポロファクトリーに一回も行っていなく、ちょっと恥ずかしかった。よって、友達にサッポロファクトリーの『アートアクアリウム』という金魚イベントへ一緒に行こうと誘われたとき、喜んで「レッツゴー!」と言って、はじめてのファクトリーへの旅が生まれた。

 

サッポロファクトリーと呼ばれていても、現在は全然工場ではない。それなのに、本館に入ると、空間の広さから工場であった歴史が強く感じられる。各国料理のレストランが多くて選択するのは難しかったが、結局おいしい中華料理屋にした。お腹がいっぱいになったら、楽しみにしていた金魚イベントへ進んだ。

 

事前に何の情報も知らず、「金魚イベント」を聞いたところ、ただペットショップで売られている金魚が一つの大型水槽に集まるような想像をしていた。入場口に着くと、その想像より芸術的なイベントであることに気づいた。入ったとたん、空間が真っ黒な迷路に見え、光源は壁に埋め込まれた水槽から映していた魅惑的な不可視光線だった。

歩きながらたくさんの水槽を通り、人生で見たことのない金魚が相次いで登場してきた。

 

目の出っ張った顔をしている金魚もいた、プードルのヘアスタイルにしたような金魚もいた。万華鏡になる金魚の水槽、日本伝統的な屏風の形にした水槽や1000匹の金魚が入った水槽などもあって、私の事前に持っていたイメージとまったくかけ離れていた。

事後に、この『アートアクアリウム』展示は全国移動展示だと分かった。さすがに、大都会の札幌市はそのなかから選ばれた都市になった。

(「アートアクアリウム展~札幌・金魚の灯~」は2014年1月19日に終了。)

 

ホームページを見たら、サッポロファクトリーはいつもこういう面白いイベントを開催しているとわかった。今回まで行っていなかったファクトリーをまだ一部しか見ていなく、これから何回も新しい展示やイベントを見に行きたいと思う。3月31日まで、アメリカ・コロラド州出身の「ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー」というお菓子屋が特別にサッポロファクトリーに出店し、私が食べていないキャンディー・アップルなどのアメリカのスイーツを久しぶりに楽しめるそうなので、サッポロファクトリーへの2回目訪問もすぐ来ていると思う!

 

サッポロファクトリー

営業時間 ショッピング 10時~20時、 レストラン 11時~22時
住所   札幌市中央区北2条東4丁目
電話   011-207-5000
サッポロファクトリー公式ウェブサイト