Every morning while I’m brushing my teeth I hear the Winter Sochi Olympic theme “Ima, saki hokoru hana-tachi yo” blaring from NHK News, reminding me that the Olympic season will soon be upon us. Watching the daily countdown gets me more and more excited.

 

I remember the 2012 Summer Olympics in London well – I was also in Japan at the time, watching the judo games from the flat-screen TV of a small Jamaican restaurant in Harajuku with some Russian, Korean, Bulgarian, and Japanese friends while we cheered on various countries. I surveyed the scene above the rim of my exotic rum drink and thought to myself, “Could it get any more international than this?”

 

Indeed, there’s nothing better than watching the Olympics abroad. And I think this year will be even more interesting because coming to Sapporo has meant coming face to face with winter sports for the first time.

 

Snow is so rare back home that schools shut down with just two centimeters of snowfall. It doesn’t get all that cold, either. So it goes without saying that my experience with winter sports was mostly limited to televised events. Sapporo, known for the Snow Festival and runny noses, held the 1972 Winter Olympics for which many sports facilities were built and are still in use today. Visiting these facilities inspires a strong yearning to try out winter sports. I’m not sure whether that yearning is a contagious bug caught off of other athletes, or simply the result of desperately searching for ways to battle the glum of a long and harsh winter, but since coming to Sapporo I’ve already had the chance to try out both ice hockey and curling for the first time. While I played street hockey back in the US, I instantly realized you need a whole different skill set on ice while clumsily slipping to-and-fro at Tsukisamu Gymnasium.

 

ph_1122_01

 

But what most surprised me was the sport I least understood the point of until recently: curling. “When you see it on TV you think to yourself, ‘What’s the big deal, I could join the Olympic team after 10 minutes of practice,’” my curling instructor at the Hokkaido Bank Curling Stadium in Tsukisamu pointed out what I was secretly thinking to myself. But upon my first step onto the ice in the specialty curling-use shoe, I immediately slid out of control. It was a strange sensation sliding around in a slippery shoe, completely different from ice skating. After mustering up some balance and giving the stone my best throw I watched it slide a mere three meters in front of me – nowhere close the fifty or so meter target. I thought to myself, “It’s harder than it looks!” Plus, curling is beyond a physical game –one needs the mental strategy of a chess player to play the game well. From my curling experience I’ve gained a lot of respect for curling athletes and their sport.

 

ph_1122_02

 

How about giving it a go? While trying out some sports like ski jumping on a whim are likely to leave you hospitalized, you can conveniently try curling at the Hokkaido Bank Curling Stadium where all of the equipment is cheaply available for rent. In my experience what you see on television is completely different from the actual thing, so why not give it a try before watching the Sochi Olympics this upcoming February?

 

ph_1122_03

カーリング 簡単と思えば体験しましょう!

毎朝歯を磨いているとき、NHKニュースで流れるソチオリンピック・パラリンピックのテーマソングである「今、咲き誇る花たちよ」が耳に入り、そろそろ冬季五輪の時期になっていっていると実感。カウントダウンの数字が毎日減っていくのを見るのは、ワクワクする。

 

2012年のロンドン夏季オリンピック大会をよく覚えている。当時も日本にいて、友達のロシア人、韓国人、ブルガリア人、日本人と一緒に、原宿にある小さなジャマイカ料理レストランの薄型テレビでオリンピック柔道競技を観ながら様々な国を応援し、私はエキゾチックなラム酒の入ったグラスを片手に、周りの状態を見ながら、これ以上「国際的」な雰囲気になれるのだろうかと心の中で思った。

 

やはり、海外でオリンピックを観るのは最高だ。今回の冬季オリンピック時期も、日本にいることができてすごくうれしいのだ。今回はいつもより更に面白くなると思う。なぜかというと、札幌に来たとき初めて冬のスポーツをすぐ近くから体験できるチャンスがあったのだ。

 

地元は、雪が2センチでも降ったら学校が休みとなるほど雪が珍しい地域だ。あまり寒くもならない。言うまでもないが、冬のスポーツは、ほとんどテレビで見るのに限られていて、実際に経験したことはほとんどなかった。厳しい冬の寒さと雪まつりで知られている札幌市では、1972年に冬季オリンピックが開催された。オリンピックから残っている施設や新しくできているスポーツ施設を見ると、冬のスポーツへの熱心さが強く感じられるものだ。みんな楽しそうに行っているのを見ているからなのか、それとも寒い時期に気持ちを落ち込ませないようにするためなのかは分からなかったが。

 

札幌に来てから、ホッケーとカーリングを初めて体験する機会があった。アメリカでストリートホッケーをしていたが、月寒体育館であっちこっち不器用にすべりながら、氷の上ではストリートホッケーとは全然違う技能が必要と気づいた。

 

でも一番驚いたのは、最近までさっぱり意味のわからなかったカーリングだった。テレビ越しで観ると、他のスポーツと比べてカーリングはだいぶ楽に見える。このように思っていると、月寒にあるどうぎんカーリングスタジアムのインストラクターは、私が心の中に持っていたせりふを先に言ってしまった。いざ挑戦してみると、カーリング専用靴を履いた足で一歩を踏み出して、すぐに転んでしまった。スケートと違ってつるつるとした靴で、氷面を移動するのは変な感じだった。バランスを取ってストーンを投げようとすると、3メートルも投げられなく、遠くにあるターゲットを見ると「もう、無理だ!」とがっかりした。あと、カーリングは体力だけではなく、チェスのような知力を使うゲームだと言える。カーリングを体験してから、カーリング選手に向けて新たな尊敬が生まれてきたのだ。

 

いかがでしょうか、皆さん? 確かにスキージャンプのような危険スポーツをふと体験したら、病院に運ばれる可能性が高いけど、カーリングならどうぎんカーリングスタジアムで全部の道具が提供されていて、都合がよいときに体験できる。私の体験により、テレビと実際のものは全く別物なので、ソチの前に体験をしに行ってはどうでしょうか?