Tucked away from the hustle and bustle of Sapporo’s tourist traps is Jozankei Nature Village, an immaculately run winter wonderland. Staffed by experienced outdoor people, activities range from fully guided snowshoe tours, to outdoor wood-fired pizza cooking. For people unaccustomed to camping and outdoor activities in winter, an overnight trip to the Nature Park is a super affordable, safe option to a taste of Hokkaido’s winter outdoor scene.

pano

My wife and I, along with a relative visiting from New Zealand, recently stayed overnight in an immaculate yurt at the Jozankei Nature Village. The idea was to showcase Sapporo’s magical winter season to our relative, and the Nature Village did not disappoint. It was our first experience of the park in winter, and it lived up to expectations: extremely affordable accommodation and equipment hire, and a safe snowy forested area surrounding the park in which to explore.

 

On our first day, we hired snowshoes and did a self-guided tour around the park’s snowshoe trail. Lucky for us, fresh snow had fallen that day. Each step was met with minimal resistance as we glided across the surface of the powdery snow. The official trail only takes around 45 minutes to complete without any breaks. Off-trail sections, marked with bright tape can also be fun to explore for the more adventurous (check with park staff first for current avalanche conditions).

snowshoe

On the second day, we tried our hand at Nordic skiing. Nordic skis have a special coating on the bottom, which allow them to slide forwards, but not backwards, making walking easy, and the downhill sections even easier. We were out early, which allowed us to make the most of the crisp, dry morning snow. Despite not having any previous Nordic skiing experience, the skis were easy enough to get used to.

nordic_ski

Common sense might dictate nightfall to be time to curl up in the warm yurt. But on a clear night, keeping close to the lit-up park, and with a bright torch, a night time snowshoe jaunt through the quiet forest can also be beautiful.

 

Sapporo Jozankei Natural Village

 

テントハウス、スノーシュー、雪に覆われた森の宝石

札幌市内の喧噪を逃れるなら、完璧な冬の楽園、札幌市定山渓自然の村がオススメです。スノーシューツアーから、屋外でのピザづくりまで、豊富なアクティビティがそろっていて、経験豊富なスタッフが初心者向けにガイドをしてくれます。冬のアウトドアに慣れていない人でも、札幌市定山渓自然の村への一泊旅行なら、手軽に安全に北海道の冬のアウトドアを楽しめます。

 

妻と私は、ニュージーランドから来た親戚と3人で、札幌市定山渓自然の村のテントハウスに一泊しました。親戚に、札幌の素晴らしい冬を体験してもらいたいと思っていたのですが、申し分ない施設でした。冬に訪れるのは初めてでしたが、期待通り! 宿泊料金はとっても手頃、アウトドア用品のレンタルも充実。そして、公園を取り巻く雪の森は安全です。

 

一日目はスノーシュー(かんじき)を借りて(24時間100円)、3人で村周辺のコースを回りました。運が良く、前日にふわふわの新雪が降った後だったので、ほとんど抵抗がなく、まるでパウダースノーの上を滑っているようでした。公式コースは休憩しなければ通常45分ほどで回れます。もうちょっと遠くに冒険したい人はコース外の木に結んである赤いリボンを探しながら、スノーシューで森を探索できます(ただし雪崩情報は事務室と事前に確認すること)。

 

二日目は歩くスキーを試してみました。スキー板の裏側は、特別な加工がされていて、前には滑りますが、後ろには滑りません。おかげで歩きやすく、下り坂もスイスイ。朝早く森に入ったため、乾燥していてやわらかい雪が幻想的でした。歩くスキーは初めてでしたが、すぐに慣れました。

 

日が暮れたら暖かいテントハウスで暖を取るのが普通かもしれませんが、せっかく晴れた夜にライトアップされた公園の近くにいるのですから、懐中電灯を持つか、ヘッドランプをつけて、夜の静かで美しい森をスノーシューで歩いてみましょう。

 

冬のアウトドアが初めての人は、外の厳しい寒気との間に、わずか数ミリの布しか貼っていないテントハウスで、眠れるはずがないと思うかもしれません。でも実際は、冬の間は屋根まで雪に埋もれているので、雪が断熱材となって寒さから守ってくれます。もちろん寝袋は必須(公園でレンタルもしています)ですが、ストーブ、キャンプ用マットレスや毛布が設置されていて、寒さから身を守ってくれます。

 

 

札幌市定山渓自然の村へのアクセス
札幌中心部から車で45分ほどです。公共交通機関でも行けます。私たちは地下鉄南北線に乗り、終点の「真駒内」で下車。そこから豊平峡温泉行のバスに乗り約45分。終点「豊平峡温泉」から公園までは約2.5km。歩くと30分、タクシーで5分くらいです。

 

〈お得な情報〉 豊平峡温泉行きの無料シャトルバスが運行されています。地下鉄南北線「真駒内」を毎朝10時に出発し、帰りは豊平峡温泉を15時に出発。詳しくは、豊平峡温泉のウェブサイト(外部サイト)をご覧ください。