今年的冬天似乎比往年晚,天气预报中的暴雪未至,札幌也难得的在12月中旬还甚少有积雪。

可是,我们剑道场已经很冷了……

 

2011年10月,我来到北海道大学留学。只身一人,异国他乡。想找人说话,想交朋友,想体验日本文化,想找到一种充实的生活方式,于是,我选择了加入学校社团——北海道大学剑道部。

 

其实,在来日本之前,我对剑道一无所知,印象中剑道应该是武侠剧中仗剑走天涯的感觉,可去见学了才发现,真正的剑道并不是想象中帅气的样子。刚开始参加训练的时候,又累,又臭,道场里充斥着汗味、和脚味……可是抱着无论如何,先坚持一个月的心态,训练的一个月之后,我就深深的爱上了剑道。

 

01

剑道,用的是木剑,日语叫做「竹刀」(しない)。剑道是两个人打比赛,讲的不是拼胜负,而是以礼而始,以礼而终。接触剑道,就能深深的理解日本传统文化。

剑道部里上下关系森严,后辈对前辈要用最高级的敬语,前辈对后辈要用命令式。前辈指导后辈训练,带后辈吃饭娱乐,后辈负责包揽所有的体力活。有大前辈来训练的时候,训练结束后大前辈先洗澡,我们后辈就站在大厅,等着大前辈洗澡出来给大前辈敬茶、给大前辈叠衣服、一刻不能耽误大前辈的时间。直到大前辈走了之后,我们后辈才可以去换衣服洗澡。这听起来似乎有些刻薄,有些缺少人情味。但事实上,正是由于这样森严的等级关系,所以才让一个团队变的非常有秩序。后辈对前辈的尊重之心,是一种难能可贵的精神,也是融入日本生活的一个健康的心态。

 

02

 

剑道训练时,无论冬夏,都要赤脚。并且,夏天不可以开窗户,冬天不可以开暖炉。夏天的时候,闷的一身汗臭,一场训练下来几乎要脱水。冬天的时候赤脚踩在零下的地板上,感觉从脚底传来钻心的凉和痛。而这一切的自找苦吃,都是为了磨练训练者坚强的意志。我在剑道部训练了三年,经历了每一个这样的夏天和冬天,每次我都会想,这样艰苦的训练我都熬过来了,以后没有什么困难是我不能克服的。剑道,给了我勇气,给了我一颗坚韧的心。

 

03

在此感谢这三年来一起训练的小伙伴们。

04

日本でスタート、私の剣道人生

今年の冬は例年より遅かった。天気予報で予測した吹雪もなく、札幌は珍しく12月中旬でも雪はあまり積もっていない状況でした。しかし、剣道場はもうかなり寒い...

 

2011年10月、私は北海道大学へ留学した。一人で異国へ。誰かと喋りたい、友達を作りたい、日本文化を体験したい、充実した生活を送りたい、という気持ちで私は北海道大学剣道部に入りました。

 

実は日本に来る前、剣道については、まったく知らなかった。本物の剣を

持って戦うイメージをもっていたが、見学に行くと、全然想像した格好いいイメージと異なる。最初稽古し始めた頃は、疲れるし、臭いし、道場の中では汗の匂いと足の匂いでいっぱいになっているし

 

...しかし、何とか一ヶ月を頑張りたい気持ちで続けたら、本気で剣道のことが好きになった。

 

剣道で使うのは「竹刀」という。二人ペアで試合を行い、大事なことは勝つために戦うのではなく、礼から始まり、礼に終わるということです。剣道に触れるほど、さらに日本の伝統文化への理解が深められました。

 

剣道部では上下関係がとても厳しい。後輩は先輩に一番上の敬語を使わなければならないし、先輩は普通に後輩に命令形で話している。先輩は後輩の面倒を見、後輩はすべての力仕事を担当する。お爺さんのような大先輩が稽古に来る場合は、稽古が終わったら大先輩が先にシャワーを浴び、私たち後輩は玄関で見守り、大先輩がシャワ―から出たらすぐお茶出しを行い、大先輩の道着を畳む。大先輩が道場から出るまでは、私たち後輩は着替えてもいけない。とても厳しく、人間味は少なさそうに聞こえるが、実際はこのような厳しい上下関係があるからこそ、チームとしてスムーズになる。後輩は先輩を敬う心は、とても貴重な精神であり、日本生活を親しむコツである。

 

剣道の稽古では、冬夏に問わず、素足でなければならない。それに、夏は窓締め、冬は暖房禁止。夏は汗だらけで、死ぬほど熱い。冬は素足で零下の床に立つと、足底から冷たさと痛さが心に伝わってくる。このわざとのきつさは、稽古者の意志をもっと磨くためである。私は剣道部で三年間続け、このような夏と冬は毎年経験し、毎回稽古する時は必ず「このようなきつい稽古ができたらこれ以上越えられない困難はない。私は何でもできる」と思う。剣道を通し、私に勇気と、強い心が得られた。

 

ここで三年間一緒に稽古してきた同期へ深く感謝します。